Topics!!

不正受給ってばれるの?を更新しました!New!!
1月5日
サイトリニューアル!
12月25日
トピックスを更新!
10月10日:雇用保険法が変わりました

失業保険の給付について

会社を辞めたらすぐに失業保険に関わる手続きをきちんと行うことがとても大切です。

失業保険は失業中の生活を心配することなく仕事探しに専念して、一日も早く再就職できるように支給されるものです。

失業給付日数をふやす

失業保険の給付日数をふやす方法は、会社を辞める時期を少しでも遅らせることで所定給付日数をふやすことができます。

自己都合で退職した場合


被保険者期間が10年未満だと給付日数は90日ですが、10年以上だと120日になり給付日数が30日分ふえます。被保険者期間を調べて該当しそうな人は退職時期を少し遅らせましょう。


会社都合で退職した場合


会社都合で退職する人は被保険者期間と年齢を比較しながら退職する時期を決める必要があります。

30歳以上35歳未満の人が、被保険者期間1年以上5年未満だと給付日数は90日ですが、5年以上10年未満になると180日になり給付日数は90日分もふえることになります。

60歳以上65歳未満の人が、被保険者期間20年以上になると給付日数は240日であり、60歳未満の場合は330日のため給付日数が90日も減りますので、60歳をこえる前に退職するのがベストです。

※会社が突然倒産した場合は、この方法が使えないので注意が必要です。