Topics!!

不正受給ってばれるの?を更新しました!New!!
1月5日
サイトリニューアル!
12月25日
トピックスを更新!
10月10日:雇用保険法が変わりました

ハローワークで手続きをする

失業保険の給付を受けるためには、あなたの住所を管轄するハローワークに求職の申込みをすることが必要です。

■ 失業保険はいつからもらえる

ハローワークで求職の申込みをした日を受給資格決定日といいます。その日から7日間を待機期間といい、7日目を待機満了日といいます。

この7日間に仕事をすれば失業状態とは認定されず、失業保険の給付は遅れることになります。

7日目の待機満了日に雇用保険説明会(初回講習)がありますので必ずハローワークに行かなければなりません。

会社都合で退職した人は待機満了日から約1か月後には失業保険がもらえますが、自己都合で退職した人は3か月の給付制限という期間を課せられるので、約4か月後からの給付になります。

その後、4週間ごとに指定された日時にハローワークへ出かけ、失業の状態であるかどうかを失業確認申告書で申告をする必要があります。

失業の状態が確認できれば失業保険の給付金が数日後に振り込まれます。失業の認定を受ける日を失業認定日といいます。

最初に振り込まれる失業保険は待機期間の7日間分はもらえないので、3週間分となります。


最初に受給できる正確な失業保険の基本手当の日数は次のように計算します。

  • 自己都合退職の人は、給付制限満了日の翌日から2回目の失業認定日の前日までの日数分が給付されます
  • 会社都合退職の人は、待機満了日の翌日から最初の失業認定日の前日までの日数分が給付されます